メンタルケア

プラセンタとアレルギーの関係

アレルギーを持っている人は本当に苦しめられます。
ある栄養素に反応する人もいれば、食べ物に反応する人もいます。
また、アトピーや喘息もあります。

要するに異物が体に侵入してくることで体は反応して免疫システムを作り出します。
しかも守ろうとしてかなりの勢いで作ってしまいます。
この免疫システムが皮肉にも体に外を及ぼします。

不思議な感じがしますが、これがアレルギーのメカニズムです。
このアレルギーを何とかするのに、一般的に用いられるのがステロイドです。
炎症効果をしっかりとロックしてくれます。

最近、この代わりに目がつけられているのがプラセンタなのです。
プラセンタの効能は実にたくさんあります。
女性のアンチエイジングに始まり、抗酸化作用、肝臓への働きかけ、ストレスの緩和、新陳代謝の活発化などです。

そして極めつけが、薬理効果もあります。
つまり抗アレルギー作用が含まれているのです。
この抗アレルギー作用に基礎代謝向上機能が加われば非常にアレルギーに効果的になります。

ずっと悩まされてきたアレルギーもプラセンタで治療に向かうことができます。
ステロイドは副作用がありますが、プラセンタにはありません。
注目される理由がよくわかります。
プラセンタと一言で言っても使われている原料はいくつかの種類があります。
大きく分けると動物性プラセンタと植物性プラセンタで、動物性の方はヒト・豚・馬・羊の胎盤が原料になっています。

このページの先頭へ