メンタルケア

プラセンタは薬ではないの?

プラセンタにも種類があります。
入院しているときなどに、医者からプラセンタ注射を勧められることがあるかもしれません。
この場合のプラセンタは人間の胎盤から抽出されたものになるので、薬となり、医者しか処方できません。

しかし、普段一般的に薬局などで購入できるサプリメントタイプのものは飽くまでも健康食品であり、薬ではありません。
この差が何にあるかというと、即効性です。
薬はすぐに効きます。

それだけ効力が強いので、普通は病院で処方される形となり、自分で好き勝手に購入することができません。
力が強い分、副作用という可能性もあります。
健康食品の場合は異なります。

そんなに即効性がありません。
でも毎日摂取していくことで確実に健康になっていきます。
そして副作用もないので安心して摂取できます。

私たちが普段購入できるものは後者の健康食品です。
効力が強いために薬と思われがちですが、薬ではありません。
またアンチエイジング、美肌効果もあることから、最近は化粧品として化粧品に含まれている場合もあります。

この場合も薬ではなく、化粧品の部類に入ります。
プラセンタは様々な形で、私たちの生活をサポートしてくれています。
薬の時もありますし、化粧品、健康食品の時もあります。
多くの方がサプリメントタイプで摂取しているようですが、プラセンタのサプリメントは多くのメーカーから出ているためどの商品にしたらよいのか迷ってしまいますよね。
そんなときは、http://naka.capoo.jp/supplement-ranking.htmlにあるようなランキングサイトを活用してみてください。

このページの先頭へ